Follow Us.

2022年11月19日(土)滝坂の道・仏像岩

  • 夕日観音のある岩塊は仏像岩とも呼ばれるそうです。

  • (2022年11月20日(日) 午後4時58分26秒 更新)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
滝坂の道・仏像岩

九体もの石仏がひしめく仏像岩

滝坂の道にある夕日観音が刻まれた岩塊は、仏像岩とも呼ばれるそうです。夕日観音を中心に、右手上方に滝坂五尺地蔵、その岩の下に三体地蔵、夕日観音左下に四体石仏、合わせて九体。さらに元は四体石仏付近にあったものが転げ落ちたと思しき寝仏を合わせると十体。まさに石仏ひしめく岩の塊です。

このうち四体石仏がどこにあるのかわからなかったのですが、先日Twitterで場所を教えていただきました。

四体石仏は夕日観音の下にある岩の左の角にありました。実際に見に行くと、写真で見た印象よりもしっかり像容が見て取れました。四体石仏のすぐ下から寝仏が見下ろせ、寝仏が元は四体石仏の近くにあったというのもあり得そうに思えます。

滝坂の道から見た四体石仏

滝坂の道から見た四体石仏

春日御流記に、南都焼討後の大仏殿再興にあたり、石材の多くが地獄谷の山中から切り出されたので、興福寺の璋円僧都が、霊地として路傍大小の石に諸仏を刻んで衆人に結縁せしめたとあるそうです(西村貞「奈良の石仏」昭和18)。朝日・夕日観音はその諸仏だろうとのこと。

夕日観音(鎌倉)。

夕日観音(鎌倉)。観音と呼ばれていますが、弥勒如来と考えられています。

上に滝坂五尺地蔵。その下に滝坂三体地蔵。

上に滝坂五尺地蔵。その下に滝坂三体地蔵。滝坂五尺地蔵は長らく所在不明であったところ昭和39(1964)年に太田古朴氏らが像を覆い尽くしていた蔦草や倒木を払い再発見したとのこと。

Map.

更新情報

Calendar.

2022年11月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

Twitter.

このページのトップへ