Follow Us.

2021年2月12日(金)上狭川城(福智城)跡

  • 吉水寺跡から案内板が整備されていました。

  • (2021年2月14日(日) 午後5時43分51秒 更新)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
上狭川城(福智城)跡

最近設置された案内板。

吉水寺跡(東狭川町公民館)から案内板が設置されていました

現在東狭川町公民館がある場所には、かつて吉水寺がありました。吉水寺は狭川氏の一族である福岡氏の菩提寺で、現地に残る十三重石塔は、福岡越前守藤原助宣と令室の供養塔と伝わります。この十三重石塔に、「吉水寺跡」という看板と「上狭川城趾」への案内板が設置されていました。

道標を頼りにきれいに整備された山道を歩いていくと、上狭川城(福智城)趾にたどり着きました。「奈良市史・通史二」517ページによると、上狭川城の「防御の構えは大和の諸城中最も精緻かつ論理的で、縄張りの軍事的意味について教科書的な事例になりうる」とのことです。

奈良市史・通史二 p517 上狭川城縄張り図

土塁や空堀の跡が素人目にも明瞭で、現地は縄張り図通りの地形をしていました。

Map.

更新情報

Calendar.

2021年2月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28
2021年1月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

Twitter.

このページのトップへ