Follow Us.

2014年2月1日(土)水呑み地蔵〜中ノ川・中川寺跡〜牛塚〜般若寺〜東大寺南大門

  • 奈良と京都の県境となっている古道を実際に歩いてきました。中川寺跡では中川寺を探してみましたよ!

  • (2014年2月21日(金) 午前3時41分24秒 更新)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク
浄瑠璃寺南大門があったあたり

浄瑠璃寺南側にあたり、このあたりには昔、赤門と呼ばれた南大門がありました。

奈良からのルートを逆にたどります

浄瑠璃寺へは、今では加茂側から入るのが当たり前になっていますが、ほんの少し前まで、奈良から歩いて南側から入るルートがありました。古くは平安時代、実範上人や貞慶上人が歩いた道です。今回、現在県境となっているその古い道を実際に歩いてみました。

かつての浄瑠璃寺玄関口、赤門跡

浄瑠璃寺南の峠付近に道の分岐があります。このあたりには赤門と呼ばれた浄瑠璃寺南大門があったと言われています。康永二年(1343年)、この南大門から火災が起こり、浄瑠璃寺の多くの建物が焼け落ちたそうです。峠のあたりはなんとなく開けていて、今でも、昔ここに何か建物があった気配がします。

かつての浄瑠璃寺玄関口

ここで左に曲がると唐臼の壷を経てわらい仏に至ります。まっすぐ(写真では右に)進むと今回たどった県境の古道へつづきます。このつづきは同じ日の次の記事で!☆(追い追い更新する予定です)

Map.

写真の位置がわかる Every Trail 版はこちら

更新情報

Recent Entries.

RSS

Calendar.

Twitter.

このページのトップへ