Follow Us.

弥勒の道プロジェクト

「弥勒の道」とは?

現在奈良市と木津川市の境となっている古い道は、奈良から中川寺、浄瑠璃寺、岩船寺を経て、弥勒信仰の聖地笠置寺につづく信仰の道でもありました。この道の途中、ちょうど一番高い峠にさしかかるあたり、岩船寺近くの弥勒の辻に、笠置寺の弥勒磨崖仏を模した線彫り磨崖仏があるのが象徴的です。そこでこの古道を「弥勒の道」と(勝手に!)名付けることにしました。

ちなみに昭和18年出版の「当尾と柳生の寺々 : 浄瑠璃寺・岩船寺・円成寺 其他」には、奈良から北東へ笠置に向かってまっすぐ伸びる道に、「笠置街道」と書かれています。この「笠置街道」本道はその後、県道33号線「笠置道」として拡張され、道が一部付け替えられたようです。

ところで大和志によれば、「笠置街道(廣岡越)」には「中川越」と呼ばれる支線がありました。これが現在、奈良市と木津川市の境となっている道で、中ノ川で本道と分かれ、浄瑠璃寺へ通じています。浄瑠璃寺からは、加茂へ下りる道のほかに、岩船寺南にある弥勒の辻を経て、現在の奈良市狭川へ抜ける道がありました。さきほど「弥勒の道」と名付けた、このルートは、笠置街道本道に比べ多少上り下りがありますが、奈良から笠置への最短ルートとなるため、少しでも近道したい旅人や浄瑠璃寺・岩船寺に立ち寄る用のあった人々に、日常的に利用されたことでしょう。

「弥勒の道」すなわち「中川越笠置街道」は、狭川で本道と合流した後、笠置で「伊賀伊勢道」に接続します。笠置からさらに遠く、伊勢神宮へ向かう旅人も多かったにちがいありません。

明治期の地図。

この明治時代の地図は、時系列地形図閲覧サイト「今昔マップ on the web」((C)谷 謙二)により作成したものです。赤線の部分では、尾根筋などの地形というより、街道によって県境とされていることがわかります。左端に見える線路はあの大仏鉄道です。

» 大きな画像(A4/300dpi/12.7MB)

1918年(大正7年)の「奈良市街全圖・實地踏測」中の略地図でも、「弥勒の道(中川越笠置街道)」は主要な道として書かれています。

奈良市街全圖:實地踏測(1918年/大正7年)

右上の赤で着色した道が、「弥勒の道(笠置街道)」です。

昭和18年出版の「当尾と柳生の寺々 : 浄瑠璃寺・岩船寺・円成寺 其他」2ページ目に掲載されている地図。

「当尾と柳生の寺々 : 浄瑠璃寺・岩船寺・円成寺 其他」の地図

現在の国道369号線はまだなかったようです。「当尾と柳生の寺々 : 浄瑠璃寺・岩船寺・円成寺 其他」4ページに「…中川寺址、浄瑠璃寺、岩船寺は笠置街道沿ひに…」とあります。

「弥勒の道」を歩いたヒトビト

遅くとも平安時代後期には存在したと思われるこの古道は、千年近くにわたり、あるいは千年を越えて、つい最近まで、多くの旅人が歩いた道でした。

実範上人(〜1144年)
中川寺成身院の開祖。荒廃していた唐招提寺を復興するとともに、戒律復興を唱えて東大寺戒壇院受戒式を定めました。中川寺に隠遁後も忍辱山円成寺、浄瑠璃寺など、周辺の山岳寺院に関わりました。
解脱上人・貞慶(1155年〜1213年)
興福寺に入り11歳で出家、法相・律を学び、学僧として期待されましたが、僧の堕落を嫌って弥勒信仰の聖地、笠置寺に隠遁しました。1205年に興福寺奏状を起草し、法然の専修念仏を批判しその停止を求めたことでも知られます。晩年は観音の補陀落浄土への往生を望み観音霊場海住山寺に移住し、59歳で入滅しました。
南都復興のために働いた牛たち
鎌倉時代、奈良の寺社復興のために多くの資材を運ばされ、それが原因でたくさんの荷牛が死にました。緑ヶ丘浄水場から中ノ川に向けて尾根筋を登りきったあたりにある「牛塚」はそうした荷牛を供養するために建てられたと伝えられています。般若寺大石塔の石は当尾で切り出され、やはりこの道を牛に運ばれたのだそうです。
東大寺復興のために集められた石大工たち
南都焼き討ちで荒廃した東大寺修復のため中国から伊行末ら石大工が招かれました。笑い仏・弥勒の辻の磨崖仏は伊行末の孫、伊末行の作です。石大工の末裔たちは奈良や当尾など近隣に残り、たくさんの石仏を残しました。
お陰参りに熱狂した人々
江戸時代、集団で伊勢神宮へお参りするお陰参りが度々流行しました。古道沿いに建てられた伊勢参りの記念碑(牛塚)は、伊勢参りの人々がここを通ったことを今に伝えています。岩船の「おかげ踊り」はそのなごりでしょう。
遅くとも平安時代末から近代までの無数の旅人たち
この道が重要な道だったことは現在も県境になっていることから明らかです。山中の小径に不釣り合いな石橋が残っていることも、往時の頻繁な往来を偲ばせます。また弥勒の辻磨崖仏は、かつて「足の神さん」と呼ばれ多くの旅人が健脚を祈ったと伝わっています。
堀辰雄
堀辰雄の「大和路・信濃路」「浄瑠璃寺の春」には次のように書かれています。「奈良へ()いたすぐそのあくる朝、途中の山道に咲いていた蒲公英(たんぽぽ)(なずな)のような花にもひとりでに目がとまって、なんとなく懐かしいような旅びとらしい気分で、二時間あまりも歩きつづけたのち、()っとたどりついた浄瑠璃寺の…」「その日、浄瑠璃寺から奈良坂を越えて帰ってきた僕たちは、そのまま東大寺の裏手に出て、三月堂をおとずれた…」 つまり、この日堀辰雄夫妻は、奈良から浄瑠璃寺までこの道を行って帰って来たようです。奈良から「二時間あまり」、つまり10キロ程度で浄瑠璃寺にたどりつくには、この道以外考えられません。

現在の県境をまたぐたくさんのキーワードが出てきました。「弥勒の道」は、奈良と、南都の聖山というべき加茂〜笠置の寺社との間の強い歴史的結びつきを象徴する道だと言えるでしょう!

「弥勒の道プロジェクト」に参加するには?

「弥勒の道プロジェクト」は誰でも参加できます。

  • 長い長い歴史を持つ道が自分たちの世代で失われることが忍びない!
  • 県境で分断された歴史を、古道の再発見によってつなぎなおしたい!

そんな思いを共有できる方ならどなたでも歓迎です!

プロジェクトのミッションは次のとおりです。

  • 古道の存在とその歴史的価値をあなたのまわりの人々に伝えること。
  • 古道周辺を探検してみること。
  • ハイキングコースなどの形で古道を復活させる方法を模索すること。

ぜひ、あなたのまわりの人々、奈良市や木津川市、あなたの町の市議会議員さんに、あるいは交流のある有名人に、古道のことを伝えてください!

このサイトの文章、画像は自由にコピーできます(Google マップで作成した地図画像を除く)。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

この道は誰のもの?

木津川市役所管理課で確認したところ、京都と奈良の県境となっている道は、「里道(りどう)」であり、法定外公共物として木津川市もしくは奈良市が所有しています。

したがって、(里道と私有地の境界は必ずしも確定していないものの)里道隣接地所有者が市の許可なく道の原状を変更すると市の法定外公共物管理条例違反となります。たとえ私有地の中にある荒れた山道でも、道の部分だけは市の所有となっていて隣接地所有者が自由にすることはできません。

(行為の禁止)
第3条 何人も、法定外公共物について、次に掲げる行為をしてはならない。
(1) 法定外公共物を損傷し、又は汚損すること。
(2) 法定外公共物に土石、竹木、ごみその他これらに類するものをたい積し、又は投棄すること。
(3) 前2号に掲げるもののほか、法定外公共物の保全又は利用に支障を及ぼすおそれのある行為をすること木津川市法定外公共物管理条例
(行為の禁止)
第3条 何人も、法定外公共物の保全又は利用に支障を及ぼし、又は支障を及ぼすおそれのある行為をしてはならない。
奈良市法定外公共物の管理に関する条例

もし道の通行を妨げる行為をみかけたら、木津川市もしくは奈良市の管理課に通報してください。メールする場合は、状況を写真に撮って送るとなおよいでしょう。市条例違反として対応されます。

通行を妨げている行為を見かけたらすぐ通報!

奈良市 建設部 道路室 土木管理課
電話:0742-34-4893
E-mail:dobokuk<somebody@on.the.net>city.nara.lg.jp
木津川市 管理課
電話:0774-75-1221
FAX:0774-72-8382
E-mail:kanri<somebody@on.the.net>city.kizugawa.lg.jp

上地図、赤い線の県境の古道は「里道」ですが、紫の線の道路は「私道」だそうです。この私道の持ち主に確認したところ、この道は土地取得以前からある勝手道なので、誰でも通ってかまわないとのことでした。かなり昔に当尾西小の人が作った道なのだそうです。この道の33号線側の入り口には、最近まで「浄瑠璃寺南口」というバスの停留所があり、かつては浄瑠璃寺に向かう多くの観光客がここで降りたと言います。(この地図はGoogle マップで作成した地図に着色したものです。)

地域の歴史を分断する奈良市クリーンセンター建設候補地の見直しを!

現在奈良市は、京都府との県境に接する東鳴川にクリーンセンターの建設を予定しています。クリーンセンター建設が奈良市にとって必要ならば、建設せざるを得ないと思います。ただ、この地区に建設することは考えなおしてほしいです。考えなおしてほしいのは、建設そのものではなく、建設「候補地」(予定地)です。

奈良市クリーンセンター候補地

奈良市クリーンセンター建設候補地(「「奈良市クリーンセンター施設基本計画策定等業務委託」に係る公募型プロポーザル募集について - 奈良市」の「別図(クリーンセンター建設候補地)(1095KB)(PDF文書)」)。この地区のうち平坦な谷間は、中川寺跡にしかないため、クリーンセンターを建設するには、中川寺跡を跡形もなくつぶすか、山を大きく削らなければなりません

もし、奈良市クリーンセンターが浄瑠璃寺のすぐ南に建設されれば、巨大建造物で古道が完全に塞がれ、地域の歴史が永久に分断されます。それだけでなく、特に冬の寒い日などは、浄瑠璃寺の境内からも、焼却炉の煙突から立ち上る白い煙が、参道の真正面にはっきりと見えるはずです。浄瑠璃寺浄土庭園から、建設候補地までは最短で380mほどしかなく、100mクラスの煙突が建てられれば、浄瑠璃寺参道から煙突まで見えてしまう位置関係にあります。

クリーンセンターの煙は、浄瑠璃寺からこんな風に見えるはずです。

GPSデータに基づき建設予定地の方角を写した写真に、現在のゴミ焼却場から立ち上る実際の煙を合成しました。予定地から浄瑠璃寺までの距離と同じ距離だけ離れて撮影した煙です。現在のゴミ焼却場の煙突は50mしかありませんが、もし候補地に100mクラスの煙突が建てば、浄瑠璃寺の南側に煙突の先端が見えることになります。

さらには、クリーンセンターからの排水が、赤田川に流れ込むことになります。赤田川の「アカ」は、神仏に供える水「閼伽」に由来すると言われていますが、そんな清流の面影はますます失われることでしょう。

奈良市の計画するクリーンセンターは、建設予定地内のどこに建てられても排水が京都側に流れます。

奈良市の計画するクリーンセンターは、建設予定地内のどこに建てられても、排水が京都側に流れます(» 印刷用高解像度画像)。

このことを、奈良市、木津川市、あなたの町の議員、まわりのひとたちに伝えてください。クリーンセンターが必要だとしても、なぜわざわざ県境の、長い往来の歴史を分断する位置に、それも聖なる土地の近くに、建設しようとするのでしょう。建設候補地の再検討をよびかけましょう!

» 浄瑠璃寺南に奈良市ごみ焼却場を建設する現計画を見直すよう求める署名にご協力ください。

下記チラシファイルは自由にダウンロードして印刷などに使用できます

チラシ表面

他に方法があるのでは?

奈良市はなぜ、新たに山を崩し谷を埋め、あるいは遺跡を破壊し、古道を失わせ、浄瑠璃寺の裏手に高い煙突を建てることをよしとするのでしょう。京都府の指定する「当尾磨崖仏文化財環境保全地区」のすぐ南、国の特別名勝である浄瑠璃寺浄土庭園の目と鼻の先に新しいゴミ焼却場を建設する以外、道はないのでしょうか。

奈良市は現在の環境清美センターのとなりに、建て替え用地を既に確保しています。現在の煙突は50mですが、そこに今より高い煙突を建て、加えて最新の処理技術を導入すれば、言われている "公害問題" は解決することでしょう。

(第一、現ゴミ焼却場もまた木津川市との市境に接しています。奈良市民は自分たちのゴミを、できるだけ隣市に迷惑をかけないよう処理するべきです。せめて浄瑠璃寺裏に建て替えるのだけはやめてほしいと思います。)

廃熱を利用した温水プールや浴場、植物園、あるいは廃熱発電を利用したスケートリンクなどを併設するのも、一案です。そういったレジャー施設が奈良には少ないので、市街地に近い方が市民によろこばれる施設となり得るでしょう。新たに土地を購入し、山を掘り崩し、山奥まで道路を拡張するお金があれば、十分に立派なものが作れるはずです。利用価値の高い施設を併設し、近隣住民の利用料を免除するなどすれば、納得を得られやすいことと思います。

どうしても移転でなければならないのでしたら、ドリームランド跡地や、あのあたりの緑地帯にある奈良市の産廃処分場跡はどうでしょうか。そこに廃熱利用のスポーツレジャー施設を併設し、ドリームランド跡地を、鴻池運動公園と一体となった、奈良におけるスポーツとエコの中心地として再開発するというのもいいでしょう。ゴミ収集車による渋滞対策としては、西の24号線から入るゴミ収集車専用道を作れば、これまでのゴミ収集ルートを大幅に変えることなく対応できると思います。

新しいゴミ焼却場を標高200mの中ノ川に建てるということは、逆に煙突や白煙が遠くからもよく見えるということでもあります。若草山を登りきり鶯稜にたどりついたとき、目の前に大きな煙突が見える、そんな若草山が奈良市のシンボルとして好ましいでしょうか。今一度再考するべきです。

stopcleancenter02

関連情報

弥勒の道プロジェクト

弥勒の道プロジェクト

奈良と京都の県境を成す古道〜般若寺・浄瑠璃寺・当尾石仏の里・岩船寺・笠置寺を結ぶ道〜の再発見を通じて、奈良と加茂〜笠置の歴史をつなぎなおす「弥勒の道プロジェクト」。このプロジェクトは、誰でも気軽に参加できるプロジェクトです。参加方法は、古道の存在とその歴史的価値をあなたのまわりの人々に伝えること、古道周辺を探検してみること、それだけです!

*弥勒の道プロジェクトは「浄瑠璃寺南に奈良市ゴミ焼却場(クリーンセンター)を建設する現計画の撤回を求める署名」に賛同しています。

古道探検日誌

RSS

Links.

当サイトはリンクに許可が必要だとは考えていません。下記リンク先は当サイトが参考になると考え、許可なくリンクしているもので、当サイトとリンク先サイトとの間に特別な関係はありません。

Twitter.

このページのトップへ