Follow Us.

2017年1月17日(火)浄瑠璃寺十二神将像・中川寺毘沙門天像

  • 浄瑠璃寺・中川寺ゆかりの仏像が出展されていると聞いたので、東京国立博物館に行ってきました。

  • (2017年1月25日(水) 午後3時4分23秒 更新)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク
浄瑠璃寺十二神将

東京国立博物館所蔵の浄瑠璃寺伝来十二神将立像。左から、辰神、巳神、戌神。

軽快な躍動感あふれる十二神将立像

浄瑠璃寺伝来の十二神将立像は、辰・巳・未・申・戌神が東京国立博物館に、残りの子・丑・寅・卯・酉・亥・午神が静嘉堂文庫美術館に所蔵されています。浄瑠璃寺伝来十二神将立像については、近年、明治時代の新聞記事(明治35年(1902)11月22日付け「毎日新聞」掲載「運慶の十二神将」)に、像内から「大仏師運慶」の銘がみつかったとあることが指摘され(東京国立博物館 MUSEUM 第640号 (2012年 10月) 《研究ノート》東京国立博物館・静嘉堂文庫美術館分蔵十二神将像の伝来と作者─京都・浄瑠璃寺からの流出と運慶銘発見記事─(神野祐太))、もともと運慶との関わりが指摘されていたこともあり、いよいよ運慶作である可能性が高まっています(都市出版「東京人」2015年12月号/特集 静嘉堂の至宝 : 祝!静嘉堂文庫美術館リニューアル/山本勉「浄瑠璃寺伝来の木造十二神将立像と運慶。 : 現在修理中! 期待高まる、銘文の発見」)。残念ながら未だ銘文は発見されていないようですが、今後の調査に期待したいです。

実際に見る浄瑠璃寺伝来十二神将像は、少しユーモラスでやんちゃそうにも見える顔立ちと、少年のような軽やかさがとても魅力的でした。いつか十二体そろったところを見てみたいです。

軽快な躍動感あふれる十二神将立像

後ろ姿まで躍動的。とてもかっこいい仏像でした。

中川寺十輪院持仏堂毘沙門天像

応保2年(1162)頃の作。実範上人が中川寺成身院を開山したのが、天永3年(1112)ごろとされていますから、その後中川寺が急速に発展して行ったことが伺えます。

中川寺十輪院持仏堂毘沙門天像

たいへん端正なお姿で、中川寺往時の興隆が偲ばれます。

毘沙門天像の後ろ側に、像内に収められていた印仏と彩色画が展示されていました。

東洋館の弥勒像たち

東洋館にはシルクロードの弥勒像がいくつも展示されていました。弥勒の来た道を感じさせる展示で、とても興味深かったです。

Map.

更新情報

Recent Entries.

RSS

Calendar.

Twitter.

このページのトップへ