Follow Us.

2014年4月25日(金)京都国立博物館「南山城の古寺巡礼」

京都国立博物館

京都国立博物館本館「明治古都館」とロダンの考える人。ふーむ…。

年間パスポート

京都国立博物館や奈良国立博物館が発行している年間パスポートを購入すると、京都、奈良の他、東京、九州の国立博物館で開催される特別展が、各展覧会につき1回、合計6回まで無料となります(うち東京・九州はあわせて二回まで)。また、各博物館の平常展が何回でも無料になるほか、パスポートを見せると近隣の美術・博物館の観覧料が団体料金になるなど、さまざまな特典があります。

ということで、京都と奈良、どちらの博物館で年間パスポートを買うか悩んだんですが、今回は京都国立博物館でパスポートを購入することにしました。京都国立博物館の年間パスポートには、同館入口手前のミュージアムショップで、図録やグッズの一部が一割引になる特典があるとのこと。ただしこの特典は、博物館の外にあるミュージアムショップでのみ有効で、特別展にあわせて設置された、館内の関連グッズ売り場では割引が効かないようです。

館内で売られている特別展にあわせて作られたグッズが割引対象とならないのはちょっと残念ですが、京都国立博物館のミュージアムショップには和物のいいグッズが多いので、一部とは言え割引があるのはうれしいです。なお、展覧会の図録ついては、京都国立博物館が発行するもののみが対象となっており、他の博物館発行のものや、京都国立博物館開催の展覧会でも、新聞社などと共催になっている場合、割引にならないそうです。「南山城の古寺巡礼」は新聞社との共催でしたので、外のミュージアムショップでも一割引にはなりませんでした。

京都国立博物館の次の企画は「修理完成記念 国宝鳥獣戯画と高山寺」ということで、全巻一挙公開となるそうです。奈良国立博物館でも毎年恒例の「正倉院展」など、興味深い展覧会が次々開かれます。特別展は1,200〜1,500円ぐらいしますから、三つ行けば余裕で元が取れる計算です。京都国立博物館の年間パスポートには、春秋の特別拝観で拝観料が一部割引になる特典もあるそうです。年間パスポート、なかなかいいですね!

年間パスポート

年間パスポートをゲット! これで今年一年博物館に気軽に行けます☆ 六つスタンプ欄があって、中の受付で一回ずつ押してもらいます。

地元人こそおもしろい展覧会

「南山城の古寺巡礼」展、当初、近所のお寺の仏像をわざわざ見に行く意味あるかなあと思っていたんですが、行ってみたら想像以上におもしろかったです。

めったとお目にかかれない仏様がたくさん!

お寺ではなかなかお目にかかれない仏様や寺宝がたくさん来ていました。入れ替えがあるものもあるので、事前に展示期間を確認した方がいいと思います。逆に、みなさんこちらに出払っていて、お寺がご本尊を残しほぼからっぽ、ということもあるかもしれません。お寺の方を巡礼される際には、どうぞご注意を(^^;。

他にもみどころたっぷりで、あっという間に時間が経ちました。ご近所以外の仏様ではやはり、ガイド音声の中島朋子さんと同じく、寿宝寺の千手観音様に圧倒されました。本当に千本の手をくっつけてしまうのがすごいです。正直なところを言えば、国宝級が集まる展覧会と比べると造形に素朴さを感じる仏様が多いですが、この地域の長い歴史や豊かな文化、京都・奈良との深いつながりを実感することができる、満足度の高い展覧会でした。

図録は地元文化財の資料集としてもオススメ!

本展覧会の図録は、出品されていない本尊の写真などもあり、地元の文化財や歴史の資料集として見ても、内容が充実していました。このページの写真は図録からの引用です。これだけ内容が詰まった本や写真集はなかなかないと思います。

更新情報

Recent Entries.

RSS

Calendar.

Twitter.

このページのトップへ