Follow Us.

2014年3月28日(金)梵字の刻まれた岩

  • 中ノ川から芳山(ほやま)へ向かう古い道の途中に梵字の刻まれた岩がありました。

  • (2014年4月28日(月) 午後3時20分9秒 更新)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク
梵字の刻まれた岩

阿弥陀如来を意味する梵字だそうです

Twitterでこの梵字が阿弥陀様を表していると教えていただきました。

奈良県立図書館で資料を探してみましたが、この岩について書かれたものはみつかりませんでした。ただ、ゼンリンの地図には岩のあたりに史跡の記号がありました。何のために彫られているんでしょう??

付近には石を切り出した跡があちこちに

春日山一帯は古代から石材供給地だったそうです。日本歴史地名大系30 奈良県の地名566ページの春日山の項目によると、寛政11年(1799)に出版された「日本山海名産図会(二)」に次のように書かれているといいます。

諺に砥は王城五里を離れず、帝都に随いて産すと云も、空ことにもあらずかし。昔和州春日山の奥より出せし白色のものは刀剣の磨石なりしが、今は掘ことなく其跡のみ残れり。

このあたりもまさに「其跡のみ残れり」といったかんじでした。

付近には石を切り出した跡が多数

梵字のある石の、向かい側にある尾根の上へ上がってみると、石を切り出した跡がありました。

Map.

写真の位置がわかる Every Trail 版はこちら

更新情報

Recent Entries.

RSS

Calendar.

Twitter.

このページのトップへ