Follow Us.

2014年2月1日(土)東大寺南大門の狛犬

  • 東大寺南大門と言えば、運慶快慶の仁王像が有名ですが、実はその裏側に日本最古の狛犬がいます。

  • (2015年2月18日(水) 午前0時31分27秒 更新)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク
東大寺南大門の狛犬

日本最古の狛犬は東大寺南大門の大仏殿側(この写真では向こう側)にいます。

伊行末の作品です

石造りの変わった形の狛犬が、大きな南大門の金網のなかにちょこんと置かれています。もともとは中門に置かれていたものだそうです。

この狛犬は東大寺復興のため南宋から渡来した石大工、伊行末の作と伝えられています。石も中国から取り寄せたものだとか。当尾のわらい仏などを作った猪末行(いのすえゆき)は、伊行末の子孫です。伊一族は南都復興後も奈良や当尾に残り、数々の作品をこの地に残しました。

Map.

写真の位置がわかる Every Trail 版はこちら

更新情報

Recent Entries.

RSS

Calendar.

Twitter.

このページのトップへ